日本橋SIセンター施術者紹介

◇ 大塚 豊

◇ Guild For Structural Integration(G.S.I.)認定施術者

◇ The Foundation For Structural Integration And Alternative Health(シン・インテグレーション)認定施術者

◇ 1997年より、S.I.(ロルフメソッド)の施術を東京都内で行っています。


ロルフメソッド(ロルフィング)という名前を私が最初に目にしたのは、別冊宝島『精神世界マップ』という雑誌で紹介されている記事が最初だと思います。(1980年の発行なので、かなり昔の話。)さまざまな現代の心理療法や東西の伝統的修養法が紹介されていた中、
『一回1時間、合計10回の強烈きわまりないマッサージ!ほとんど耐えがたい程の苦痛を覚悟したうえで、それでもロルフされてみるかい?』こんな恐ろしげで魅惑的なキャッチフレーズと共に、新しい自己変革の方法として紹介されていたロルフメソッド。まさか、自分がその施術者になるとはその当時は思ってもいませんでした。

実際に自分が施術を受けることになったのは1988年、『ボディワークのすすめ』(創元社)という本の中の「ある内面の旅・ロルフィングを通して」を読んだことがきっかけとなりました。その本には著者である南山大学のグラバア俊子教授が、ロルフ博士の弟子であったマーク・カフェル博士から施術を受け、身心が変化してゆく様子とそれに伴う気づきや考察が描かれていたのですが、「姿勢に溜めこまれた、精神的・肉体的なトラウマを直接身体に働きかけ解放させる」ということや「施術を受けることが、自分を変えてゆくための気づきや学びにつながる」といった内容が当時、心理療法を学んでいた私にとってとても印象的だったことを覚えています。
(これらの本では、施術がとても痛みを伴うものとして描かれていますが、現在は「ロルフィング=痛い」といったイメージは無くなりつつあります。)

当時、日本でロルフメソッドの施術を受けることはとても困難な状況でしたが幸運にもその年、グラバア先生の招きで来日したマーク・カフェル博士から初めて施術を受けることができました。自分が心身ともに変化してゆく面白さに感銘を受け、そのことが後に自分自身が施術者になるきっかけとなりました。まさに施術を受けることによって、それがその後の人生までも変わるきっかけになったのだと思います。

その後縁あって、長野で開催されたマーク・カフェル博士による施術者トレーニングに参加することとなり、1997年、卒業と共に東京都内でロルフメソッドの施術を開始し、その後再び2001年にG.S.I.のピーター・メルキュア氏による施術者トレーニングを受け、G.S.I.施術者としての認定を得ました。

トレーニングを受けた、マーク・カフェル博士、ピーター・メルキュア氏、両者とも、創始者のアイダ・ロルフ博士から学んだ方たちで、ロルフ博士のオリジナル(元々の教え)を2人の教師から学べたことは、とても幸運なことであり、私の財産になっています。
私がそうであったように、ロルフメソッドの施術(セッション)が、受けられた皆さんの心身や生活を変えてゆくための、良いきっかけになればと願っています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

-履歴など-

・ゲシュタルトセラピーを中心とする3年間のサイコセラピストトレーニングコース(於:I.P.G.)卒業。1995年より1年間、同研究所にてアシスタントを務める。


・小谷インテグレーションセンターにおける、マーク・カフェル博士による施術者養成トレーニングコースに参加。1997年「ストラクチュアルインテグレーション・アンド・オルタナティブヘルス財団」の認定施術者(シン・インテグレーション)の資格を取得。ロルフメソッド施術者となり、都内で施術を開始。


・2001年、日本で初めてのG.S.I.Practitioning Trainingを企画・招へい。ピーター・メルキュア氏によるトレーニングを受け、G.S.I.認定施術者となる。


・2002年、東京・銀座で「銀座SIセンター」を開設。

・現在、東京都中央区日本橋にて「ストラクチュラル・インテグレーション」(ロルフメソッド)のセッションを提供中。

  • 日本橋SIセンター

    〒103-0013
    東京都中央区日本橋人形町 1-7-6,HSビル3F

    TEL 03-3639-1390

    アクセス
    ○日比谷線・浅草線「人形町」駅より徒歩3分
    ○半蔵門線「水天宮前」駅より、徒歩3分