ピーター・メルキュア氏への
インタビュー

これは、ピーター・メルキュア氏(G.S.I.講師)が、2001年10月に、 ロルフメソッド(S.I.)施術者トレーニングのために来日した際、IHM総合研究所によって行われた取材インタビューの内容です。

すこし長文ですが、ロルフメソッドがどんなものであるかの一端が、よく表されていると思いますので、是非お読みいただければと思います。

ピーター・メルキュア(peter meluchior)氏について

1965年にアイダ・ロルフ博士のクライアントとして大事故の後遺症から解放されたピーターは、それ以後ロルフ博士についてロルフィングを学ぶことになり、ロルフ博士の亡くなる1979年まで、ロルフ博士に師事し、また友人として共に研究を続けました。

1971年からアメット・ハッチンズと共に、ロルフ博士に養成された最初のインストラクターとして、ロルフ研究所(Rolf Institute)の前身であるG.S.I.(Guild For Structural Integration)を設立し、G.S.I.が、ロルフ研究所となってからも長年に渡り、同研究所で、ロルファーを養成してきました。

1989年にロルフ研究所よりG.S.I.として独立してから、2005年に亡くなるまで、G.S.I.でワーカーを養成してきました。

ロルフ博士やその他の偉大な人々との出会いが、ピーターのインスピレーションを豊かにさせる源泉であり、教育の場においてもそれが生かされてきました。彼は、知識と叡智をこよなく愛し、繊細なタッチと長年の経験を通しての達人ぶりで世界的に知られています。

ロルフメソッド(S.I.)とは何ですか?

誰にでも備わっている本質的な可能性として、人間の身体の場と地球の場(フィールド)とのより良い関係を創ることが可能である、ということが中心となる考え方としてあります。

身体を自分の中心軸の周りで秩序だてることができ、物理的に身体の並びがうまく整うと、重力が身体の敵(負担)になる代わりに支えになる。仲間になる。これがS.I.の目的といえると思います。

ピーターさんは、どのようなきっかけでS.I.と出会ったのですか?

まだ若いとき、私は、運転している車ごと崖から転落したのです。

その後1964、5年にエサレン・インスティテユートで、アイダ・ロルフ博士(S.I.の創始者)に出会ったのです。彼女は私の曲がった身体を、文字通りまっすぐにしてくれました。それがとても衝撃的だったのですね。

私は2年間クライアントとして彼女からS.I.を受けていたのですが、その後、彼女は私をS.I.のプラクティショナー(施術者)として教育し、また何年か経って彼女の生徒のうちの私を含めた数人を教師として養成したのです。エサレンではロルフ博士のアシスタントディレクターをしていました。 また、事故を起こす以前から11年間エサレンにいて、そこで食堂を経営していました。

ご自身はS.I.を受けたことによってどのような効果が得られましたか?

私の場合はベーシックな10回のセッションによって、2センチほど背が伸びました。

そして背中や腰の痛みがほとんどなくなり、また自分の姿勢、身体の形がドラマティックに変化しました。事故の直後はひどい姿勢でしたから。胸をハンドルで強く打ってしまっていたのです。

一般的にはS.I.を受けることによって、どのような効果が得られますか?

受けに来る人は、さまざまな異なった目的をもっています。

アスリートやダンサーのように、自分のパフォーマンスをもっと高めたいという人、私のように身体に何か問題があってやってくる人、心理セラピストのところから紹介されて、心理的な問題を解決する目的のためにやってくる人などです。

普通の、一般的に言えば健康で問題がない人でも、もっと身体は楽になります。エネルギーの上がり下がりが少なく滑らかに生活できるようになっていきます。また大体において、人生の楽しみを味わえるようになる。あるいは、自分の人生を受け容れることができるようになってくると言っていいかもしれません。

身体にあらわれる明らかな変化以外には、より良い血液・体液の循環、より良い栄養の消化吸収がもたらされます。また、身体全体のより良いコミュニケーションが可能になり、自分の中に一体感、つながりが感じられるようになります。部分部分のバラバラ感がなくなっていきます。

自分のアイデンティティが、より一つのまとまりとして収まった感じといってもいいでしょう。

もちろん身体から始めるのですけど、「ボディマインド」つまり、身体と心は分けることができないものですから。

身体のゆがみの元々の原因は何でしょうか? また、それは特に精神的なものの影響が大きいのでしょうか?

身体のゆがみの多くは、出生時のトラウマとか、幼少時の事故や怪我、肉体的にも精神的にも、うまく癒されなかったものなどから始まります。

また、身体の緊張(例えば怒りや恐れなど)が、身体の態度(状態)として慢性的に表れている場合、それが後のち、身体全体に影響を与えることとなるわけですね。そうすると、その人はそういった基本的なバランスの欠如を持ったままで人生を生きてゆくことになります。


S.I.はそのバランスの欠如を見てゆくわけです。元々の原因は子供の頃のことでもありうるし、最近のこと(事故による衝撃など)でもありえます。

アンバランスな身体の原因がすべて、心理的な問題にあるとは思っていないのですが、2つ(肉体と心)は分けることができません。

生理学的なトラウマのせいで、いつもこんなふうに(例えば、胸などが)閉じてしまった状態でいたとしたら、対応するように心理的な状態にもそれは反映されます。

そのような状態での、その人の人生というものは、そうではない(開かれた)状態の身体で体験するものとは違ってきます。

いつも身体を通して自分の人生を体験してゆくわけですから。

それと共に、その身体はおそらく慢性的な痛みをずっと持ち続けてゆくことでしょう。そのような痛みを持った状態は、たぶん明らかにその人の身体と行動、マインドにも影響をあたえていることでしょう。

それを解放するのがS.I.なのでしょうか?

どんなものであれ、「身体の中心軸」の周りで伸びてゆくものの、妨げになっているものを取り除いてゆく作業がS.I.といえます。

最も大きな意味合いから言えば、S.I.の目的は、その人のスピリットの表現が肉体を通して全うできるようにするということです。


そういう言い方をするとちょっと大げさすぎるかもしれませんが。(笑)

いろいろな身体の問題や、精神的な問題を抱えたクライアントが来るわけですね。そういう人たちに対しては施術するときは、どのような思いで向き合うのですか?

ある人たちはそのような問題を抱えてやって来ますし、またある人たちは“現在とは違った生き方”ができるんじゃないかという期待のもとにやって来たりもします。


私のところに来る人というのは、“その人、そのまま”として来るわけです。私はその人の「今」と出会うようにしたいと思っています。自分の好き嫌いとか、こうあるべきといった考えを全部横に置いておきたい。ただ開いたまま出会って、そこで繋がり、一緒に何ができるかを見つけてゆこうとします。


よく例えば、ある人が慢性的な膝の痛みがあって、「この膝が・・・」云々、と言ってやって来たとき、その人の関心や注意というものは、全部その問題に集中されているわけです。S.I.の仕事というのは、それ(膝の痛み)をちょっと緩和させてやるということが一つと、(膝がすべてではなくて)それが身体全体の構造の一部になるように戻してやることです。


ですから最初に「それにあまり囚われないで、先ずはこっちを先に見てみましょう。」といった言い方で進めることもあるし、後々、何回かセッションを重ねてゆくごとに、「ところでヒザの方はどんな具合ですか?」と聞いてみたりね。そうしたら「あぁ!そんなにはひどくはないです。」とか、「良くなってます。」といったようなことになるわけです。でもその頃になると、ここ(膝)の問題だけでやって来たはずの人が、もっと違うリストで他の問題とかが、いっぱい出てきたりするわけですね。「首が痛い」とか。(笑)


でもそのことがその人に、あるインパクトを与えるわけです。

初めは膝に意識が集中して、そのことから意識が離れられない状態で来ていたのが、今はもっと他のことが気になりだしてきたとき、そういった意味では「膝」から、その人の人生が少し広がったわけですね。

ですから「膝」が単に全体の中の一部であるということに気づきだしたということです。 また、どれだけのものごとが自分自身で選択しているものであるかということを理解してもらいたい。それを理解することによって変えることができるわけです。


プロセスの最初としては、そのクライアントが何を望んで来ているか?を見つけることです。そして、そこでS.I.がそのことの助けになるかどうかということを話し合います。S.I.がうまく助けになりそうだと思えるものもありますが、時には問題をかかえてやってきたその人と話して、S.I.が合わなさそうだなと思ったら、「もし私だったらS.I.を受けるよりも、先に鍼灸を受けに行きます。」などと言う場合もあります。


ほとんどの場合、私のところに受けに来る人は前に受けたことのある人の紹介でやってきます。紹介で来るということは、私が治ったから、あなたも行ったほうがいいよとか、こういう体験をしたから、あなたも行った方がいいとか、紹介者の経験を基準にやって来ますから。

時にはお医者さんとか、サイコセラピストとかそういうところから紹介されてくることもあります。

34年間のキャリアの中で、これまで何人くらいの人に施術をしてきましたか?また、その中で特に印象的なことなどあったら聞かせてください。

多くの人ですよね(笑)。一週間に20人くらい、年40週として一年に800人くらいで、30年で延べ2万4000人(笑)ということになりますね。


そんなに昔のことではないですけれど。最近の話です。

大体30歳くらいの女性の人がやってきました。ある種の脳のダメージでね。お母さんが連れてきて、その人の面倒を見ていたんですけど。赤ちゃんのときベビーベッドの境目に首が引っかかった状態で長い間いたために、脳障害を起こしたそうです。


彼女もS.I.のセッションによって期待通り身体が変わっていきました。彼女のお母さんから聞いたのですが、彼女はS.I.のセッションに通う以前には鏡を決して見ることがなかったそうです。ですから自分の家の中に鏡を置いていなかったのですが、セッションの8,9,10回目のあたりで、鏡を買ってお化粧をしはじめたというのです。それは私にとってはね、その彼女自身がこれまでとは違った生き方をし始めた、という表れだと思えるのです。


(周囲を見渡して)

この部屋の中にいる何人かも、いくつかの奇跡的な変化の体験しています。例えば、これはもう決して治るはずがないと思えるようなことが治ってしまうとかね。あるいは全く期待もしていなかったようなことが起きるとか。


それは何故かというと結局、人間の可能性の限界を私たちは本当はよく知らないんですね。ある機能を身体の中で目覚めさせてゆくと、その人の人生全部が変わってしまうということも起きるのです。

または、ある人は今までとは違ったカテゴリーの中で、ものを考えはじめるとか。ジャンプができなかった子供がジャンプをし始めたり。それをずっと見ていくうちに、すばらしいバスケット選手になっていったとか。それというのは、その子供がジャンプをすることができなかった状態のまま大人になっていった場合とは全然違った人生を歩んでしまっているわけですね。

クライアントからどんな情報を受け取って施術を行うのですか?

クライアントから色々な情報を得ようとします。プロセスを通してずっと、身体を見て分析したり、写真を撮ったり、色々質問をしたりします。クライアントがどんな感じがしているかというのを見つけようとするわけです。


どんなエキスパートよりもクライアント自身の方が自分の身体について、よりよく知っています。私たちが情報を得るのはクライアントのシステムからです。個人的にはクライアントと話をしたときに、その人がエキサイトすること(喜びを感じられること)はどういうことか?そのことに関してもう少し話をしてくださいといいます。いつもそういうものを探しています。


アイリッシュ・ステップダンスをやっている女の子がやって来ました。彼女はそのダンスのチャンピオンだったんですが、私が「好きなんでしょうね?」と言ったら、彼女は「私はあれ大嫌い!」と答えたんですね。「私はすごい嫌なんだけど、お母さんがそれをさせるからやっているだけ」と言うのです。でもそういったときにちょっと注意しなければいけないのは「お母さんが間違っている」というようなことを私が言ったら良くないんですね。


そこで「では何がしたいの?」というような聞き方を代わりにしたわけです。そうしたら「バレーボールがしたい」と言ったんですね。「じゃあ、今やっているダンスをやりながらでも、バレーボールは出来ないの?」と訊ねたら、「わからないけど、もしかしたらできるかも」と言ったのです。


後にお母さんと話をする機会があり、どんな具合になったか探りをいれたところ、彼女は実際にバレーボールを始めたというのです。そうしたらその後、彼女の身体的な構造が、今まで見たことがないような変化をしたんですね。それは私たちのワーク(S.I.)だけによって変ったというよりも、何かが彼女の人生の中で変化して、肉体的な表れというものがそこで変わってきたということを意味しています。


それは、まあ、デリケートなところで、お母さんがやらせようと思っていることへの妨げをしたりすることについては、ちょっと注意しなければならない。でも、お母さんを喜ばせようと思ってステップダンスが大好きなようなふりをしていたのが、いったん、どんなことがそこで起きているのかということを彼女自身が理解したときに、別にステップダンスをしても構わない、という感じになったのですね。

また、「お母さんを喜ばせてあげるということは、そんなに悪いことじゃない」というような理解の仕方を示すわけです。でも、そのことが彼女の全体図の中で、今までとは違った関係性をそこでもたらし始めるわけです。

それがそのまま先に続くと、その今までやってきたステップダンスというものは、彼女自身のアートになってゆくわけですね。誰かに押し付けられて、やらされているものではなくなってゆくわけです。

ストラクチュラルインテグレーションの究極の目的とは何でしょうか?

人によってそれぞれ、異なったゴールがあると思います。

先ほども言いましたが、私にとってのゴールは、その人のスピリットの表現が身体を通して、全うできるようにすることといえます。それは芸術であろうが、科学であろうが、その他のことであろうが何でもいいのです。中にあるものの表現が、全うされる道を見つけることです。

 

クライアントは何であれ自分のしたいことをするわけです。S.I.がしていることというのは、それをよりやりやすくしてやることですね。どんなシステムや組織であろうと、その人が本来あるべき状態を、小さくさせてしまうようなものは投げ捨ててしまうべきだと思うのです。


人間は、色いろな癖をいっぱい持っていますからね。

そういった習慣や癖などのようなものは、自分の意識の中に、意識に上るようになって、理解してあげると変わることが出来るんですね。ですから「ああ私にはこんな傾向があったのか」ということが見えると何かがそこで変わっていきます。

見るだけで?

そうです。見るだけでね。実際は普通、それを見るとき「これは悪い癖だ」というような見方で見てしまいます。「それを変えなければいけない」というようにやってしまうのですが、それだと葛藤が起きるわけです。それではあまり変わりません。それを見て単に「ああこういう傾向があるのか」と価値判断をしないで見ているだけ。そうすると変わり始めることができます。


ですから、第一歩目というのは自分自身に正直であるということですね。ほとんどの場合、自分で自分の問題が何かということをを知らないまま、多くの問題を解決しようとしてしまいます。たとえば、政治的な問題とかを見てもわかるようにね。(笑)

世の中に影響を与えるような人たちが体の統合を考えてゆくと、いろんなことが変わってゆくでしょうね?

まあ、たぶんそれは第一歩目だと思います。多くの場合、身体というものを、そういうところから切り離して見ていて、身体を本質的なものだと思っていないんですね。身体自身に叡智があるといった見方をしていません。でもあるんですね、それは本当に。そのことを狭めていってしまって、例えば原理主義の宗教などになるとね、「身体なんか」という見方をしてしまいがちです。


私のクライアントにも何人か、キリスト教の原理主義者がいるのですが、とても「怒り」を身体に持っているのが見受けられます。それは恐らく想像が付くことと思いますが。

それでも度々私のところに通ってきます。あまり共通言語では話ができないのですが(笑)。そういう類の哲学を持った人たちが来て実際に身体が変わってゆき、感覚を持ち始めるというのは、私にとってはすごく驚きなのですけれど。どういう風に人生が変わってゆくかということを見るのはすごく面白いと思います。それによって、例えば本当にスピリチュアルな人だとしたら、その体験というのは、とても豊になってゆくと思うのです。


(※このインタビューは、9.11の翌月に行われました)

皆がそうなってゆくと世の中は変わっていきますね

そうだと思います。これはアイダ・ロルフ博士が本当に信じていたことなのです。よりよく秩序だった、より「統合」された(身体をもった)人たちのグループは、よりよい世界を作ってゆくだろうと。

まあ今のところ、まだそれは見らないんですけどね。(笑)

最後に、S.I.のセッションの後や、一般的に身体のバランスを保つために心がけておくとよいことなど、アドバイスはありますか?

いろんなことが出来ると思います。例えば、ある人は武術をやったり、また、瞑想をやる人もいれば、身体の機能的な働きを整えるために、ムーブメントの教師のところに通う人もいます。多くの場合は、その人の、自分自身の気づきの中から、そういうものは現れてくることが多いですね。

クライアントがよく、例えば「私、テニスを始めたんですよ!」などと言うんですね。私が今思い浮かべているその人は、いまだかつて、そんなことをやったことが無い人で、本を読んで勉強する意外にやることが無かったようなひとなのです。それが外に出てテニスを始める。


それはね、「何かやった方がいいんじゃないか?」ということを身体が理解し始めたからだと思うのです。例えばそれは散歩に行くということかもしれないし、それをしたら、次の週もまた散歩に行こうかと思うかもしれない。また、ちょっとストレッチをして、身体を伸ばすのが気持ちがいいなと歩きながら思うかもしれないといった具合に。


私たちのところに来るほとんどの人というのは、働きすぎていたり、何にでもですが、一つのことに集中しすぎています。ですからもう他に何もしなくても、この忙しいのをちょっと脇に置いておいて、ドアにカギをかけて少し横になるとか、息をただするだけでもね、それがもし心地よかったら、身体はそれをしたくなるわけです。


でもほとんどの場合、そういった身体の声を閉ざしておいて「私は忙しいからそんなことはしてられない」という具合に、耳を傾けないということがあるわけです。ですから、色々なことが出来ると思います。

何であれその人がエキサイトできて、楽しめることであればそれでいいと思います。それは全部、身体が知っています。頭よりも身体の方がふつうはよく知っていると思います。身体というのは自分の体験に対して、より直接的ですから。ある意味では、身体というのはいつも現在形の中にいるわけです。3週間前に何をしたんだろうかというようなことをそんなに考えていないですから。


長時間インタビューさせていただき、ありがとうございました。

(2001年10月)

筋膜について

筋膜とは

筋膜について大まかに説明いたしますと・・

筋膜とは筋肉を包んでいる膜状の組織のことです。


筋膜のイメージ図

当然、隣り合った筋肉と筋肉の束の間は筋膜が占めている事になりますし、体じゅうに筋肉はありますから、筋膜の組織は網の目のように身体の中に張り巡らされているということになります。

筋膜は筋肉ばかりではなく、骨や内臓なども包んでいますし、大きくは皮膚のすぐ下の表層部分で身体全体もくるんでもいます。


視点を変えて見ると、人間の身体は筋膜という網の目状の入れ物の中に、すべての臓器(筋肉や骨格や内臓など)が収まっているようなものとも言えるわけです。

 

筋膜のネットワーク

筋膜の網の目は、すべての臓器をそれぞれ隔てていると同時に、全身をネットワーク状につなげてもいます。筋膜を説明するためによく、セーターの一部を引っ張った図を書籍等でも見かけますが、筋膜のネットワークは一種の伝達網のようなもので、身体の一部に起こった状況を全身に伝える役割も持っています。身体の一部に起きたひずみやショックは身体全体に伝えられ、またそれを全身で受け止め、補おうともします。


筋膜は本来、流動性を持った柔らかい物質ですが、環境に適応するために状況に応じて分厚くなったり捩れて固くなったり、といった変化を起こします。その結果いわゆる筋肉が凝った状態を作りだし、また本来はお互い別々に動けるはずの筋肉が癒着して固有の働きがしにくくなるということも起こります。


そのような変化は、怪我や手術の後に傷を補おうとする過程でも起きますし、特定のスポーツなどで偏った身体の使い方を続けたり、長い間一定の姿勢を続けたりすること、また精神的なショックによってでも起こりえます。

重力との関係

筋膜がなぜ、そのような変化を起こすのかというと、それは人間が地球の重力のなかで存在していることと関係があります。


普段そのことをあまり意識することはありませんが、人間は、重力の影響を常に受け続けており、上から下、地球の中心に向かう重力の方向性に対してどのような状態であるかによって、身体はストレスを感じたり不安定になったりしますし、逆に軽く感じたり安定感を増したりもします。身体が傾けば傾いている方向に重力(重さ)は身体を引っ張ります。


人間は身体に多少の偏りや故障があっても、機械や建物のように重力に引っ張られて倒れてしまうことはありません。一部の歪みを他の部分が補うため、それなりの均衡を保つことができるからです。筋膜が流動性を失って固まるのは、地球の重力の中でなんとかバランスを取ろうとする、身体が持っている仕組みの一つです。身体を重力に適応させるために筋膜のネットワークはあちらを固め、こちらを引っ張りといったようにして頑張るわけです。

肩こり、腰痛、心

例えば、デスクワークなどでいつも椅子に座って首を前に出しているような生活をしていた場合(頭部はとても重いのです)身体は首や肩、脚、背中、腰などさまざまな部分を縮こまらせ、固めることによってその体勢を安定させようと試みます。ハイヒールなど身体が対応しにくい高さの靴を履き続けた場合もそれに適応しようとして同様な変化が筋膜のネットワークに起こります。


そしてその状態が一定の限度を超えて長く続き、それが定着してしまった場合、肩コリや腰痛などの慢性的な症状を作り出してしまうわけです。部分的にマッサージなどを行い、たとえ一部のコリが解消されても、身体全体としての関係性が変わらない限り、遅かれ早かれ、バランス上の必要によって元に戻らざるを得ないことになります。


筋膜は一種の「記憶装置」のようなもので、長く続いた姿勢や動きの習慣はその人固有のパターン(姿勢や歩き方、動きの癖など)として維持され続け、良くも悪くもそれは生活のあらゆる側面に影響を及ぼすものとなってしまいます。いざ悪い姿勢や癖を直そうとしても、習慣化したものを改めるのがなかなか難しいのはそのためです。


「肩をいからせる」「前のめり」「うつむき加減」「身をすくめる」「腰が引けている」など、身体と心理的な傾向との関連を表す言葉は数多くありますが、定着したその人固有の身体パターンは、心理面での変化をも阻害する要因として働きます。

筋膜を解放するには

ところで筋膜は、固くもなりますが反対に、一定の圧力や刺激に反応して変化し、ある程度は柔軟性を取り戻すことができます。(可塑性があるといいます) つまり、うまく筋膜に働きかけることができれば、痛みや症状を生み出している身体の構造パターンを変えることができるということでもあります。


筋膜の変化は、指圧や鍼、無理のないストレッチやマッサージなどによっても起きますし、体操や呼吸法なども固くなった筋膜の流動性を取り戻すために役に立ちます。(筋膜は強すぎる刺激にはかえって固まる性質を持っています)


ただし上で述べたように、筋膜の働きである、重力に対応しようとして起こした代償作用をうまくとらえないと、たとえ筋膜に焦点を当てて自己マッサージや施術を受けても、身体を固めざるを得なかった元々の原因や全身に広がった歪みによって、遅かれ早かれ元に戻ってしまうことも考えられます。

筋膜に対してより効果的に働きかけるためには、専門家による現状の姿勢、バランスに対する見立てや身体全体の筋膜の関係性に対する知識がここで必要となってきます。


「筋膜は姿勢を形作っている器官である」と最初に唱え、筋膜に対する総合的なアプローチの方法を開発したアイダ・ロルフ博士(1896~1979)は、治療によって症状が良くなったことを報告したクライアントに「それは運が悪いね」と言ったと伝えられています。一時的に症状が良くなってもそこで満足しているだけではやがてその症状は戻ってくるか新たな他の問題を引き起こすことになりかねません。


逆に筋膜の可塑性を利用して、うまく筋膜に働きかけることができれば、単なる痛みを解消するという手段にとどまらず、身体を効率的に変化させる可能性を秘めているということを意味しています。変わりづらい姿勢や体型を変えたり、身体の動きの機能性を高めたり、呼吸を改善したり姿勢に閉じ込められた心理的なブロックを解放することにも役立つのです。


さらに、言えることは

一般的に紹介されている方法も含め、筋膜をリリースすることそれ自体もちろん役に立ちますが、それらは一つのきっかけに過ぎないということです。上で述べたように、重力の方向性に対して自分がどのような状態であるか?一部の筋肉に頼りすぎていないかなど、重力に対する感受性(つまりはバランス感覚の事だったり姿勢の事だったりですが)を高めたり、身体の効率的な使い方を意識することも同時に重要となってきます。

  • 日本橋SIセンター

    〒103-0013
    東京都中央区日本橋人形町 1-7-6,HSビル3F

    TEL 03-3639-1390

    アクセス
    ○日比谷線・浅草線「人形町」駅より徒歩3分
    ○半蔵門線「水天宮前」駅より、徒歩3分